From 1 to 10

そんな私の日々であります。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

*「donna hay」 has come!! 

2015/07/09
Thu. 23:00

ドナ・ヘイがやってきた!!\(o^∇^o)/

まさに、今頃春がやってきた♪かのようなノリですが、
気分的に浮足立っている様子をお届けできたでしょうか?

ドナ・ヘイ?? なんじゃそりゃ?って方と
あぁ、そう言えば以前っていう方もいらっしゃるでしょうね。
そんな記憶力のすごい貴方は素晴らしい!なんかあげたい!!(^O^)

去年の今頃ドナ・ヘイについて少し書いていたのです。⇒2014関西帰省日記

ドナ・ヘイとは・・・去年の帰省時にオーストラリアから帰省してきていたまぁこちゃんの
お土産で貰った本の中にあったオーストラリアの料理家のお名前。

彼女の明度の高いクリアな写真や、道具のスタイリングがなんともツボなんです。

有名どころで言うと、アメリカのマーサ・スチュワートとか、日本の栗原はるみさんの
ような感じなんでしょうか?
お料理もして、商品開発もして、雑誌を発行するっていう流れ。


今回、帰省するにあたって、同じく日本に帰省するまぁこちゃんから
予め何か欲しいモノがある?って嬉しいお言葉を頂いたので、
あれから気になっていた ドナ・ヘイの雑誌を買ってきてもらったんです♪\(o^∇^o)/


はい、キラキラしててうまく撮れてませんが、こんな感じ。
ドナヘイ①

インテリア、雑貨業界では今、コッパー(銅色)が流行っているようですが、
「doonna hay magazine」のタイトルもまさにコッパーでイカシてる~!!



いかにも外国っぽいビニール袋はオットへプレゼント。(^_^;)

そして、憧れのドナ・ヘイの雑誌、今発売の号はなんとカワイイ水色のティータオル付き!
外国の雑誌にもオマケ付きとかあるんですね。

撮影しにくいのに、わざわざこの写真を撮ったのは、日本じゃこういう見開きスタイルでの
オマケパッケージは見ないので、見やすくてナイスだなーって思って乗っけてみました。

直接布地は触れないけど、雰囲気とか分かっていいですよね。

日本じゃ、過剰包装っていうか、大体が雑誌の中にダンボールやビニール袋でパッケージング
されたお腹ポンポン状態で店頭に並ぶので、これはなんだか新鮮でした。

ドナ・ヘイのおまけのティータオルは2種類あったようですね。
私のはボーダー柄のほう。 カワイイわぁ。(*´З`*)

( まぁこちゃん、ほんっとThank youでっす♪♪ )



donna hay のサイトを覗いてみました。 

Top画面から水色で美しい。彼女のブランドイメージカラーは水色なんでしょうね。
ドナ・ヘイ雑誌①
(画像お借りしました)

オンラインショップの中にあったティータオルも もちろん水色。

ドナ・ヘイ雑誌②
(画像お借りしました)

これから夏に向けて気分が上がりそうな水色です。

商品と思っても全然悪くないおまけのティータオルがついて、現地では
A$7.99  800円しない程度。

それが、日本で入手できるようになっただけ有難いんですが、南半球から
運ばれてくるとこんなお値段↓(*。*)



約3倍に跳ね上がっちゃうんですネ。(-_-;)

楽天さんで頼んだやつにはおまけってついてるのかな???

帰省中、梅田で話題の一日中住めてしまいそうな蔦谷書店に行ってきましたが
ここの洋書コーナーでも、ドナ・へイ マガジン、 同じような値段でオマケなしで売られていました。
日本で洋書扱いで販売されているやつにはきっと付録がないんだろうなー。

レビュー読んでたら私まで年間購読してみたい欲にかられてしまいましたワ。(^_^;)



中身も毎度ながら綺麗な写真のページがずらり。

ヂナヘイ②

アウトドアな写真も彼女ならでは。

広告のページの大きな冷蔵庫もじっくり眺めて堪能しました。(^_^;)


そうそう、スマホノアプリにもドナ・ヘイのレシピが見れるものがありましたよ。
既にダウンロード済でしたが、ドナ・ヘイさんの為に宣伝。(^_^;)
ドナヘイ③
アプリサイトで「Donna Hay」で検索して探してみてください。
基本、無料なんですが、レシピの中には有料のものもあります。

でも、綺麗な画面眺めているだけでもキッチンに向かうテンションを
あげられそうです。


Facebookをされている方なら、こちらも覗いてみては?
ドナ・ヘイさん自らのお料理画像が覗けます。⇒ 「donna hay」

携帯からは無理ですが、PCからだと、Facebookにも翻訳ボタンがついているので
英語のできない私にも雰囲気は楽しめるので、長文の雑誌よりも簡単♪
ドナヘイ④

+++++

今回の帰省は、春から入院していたお友達のお見舞いに行く事がメインの帰省でしたが
幸いにも退院間近という事で、一時外出という形で自宅に帰っていた所にまぁこちゃん達
と一緒にランチができる時間を頂けました。

すっかりトップモデルのように細くなってしまった彼女でしたが、話すと元気そうで、安心
しました。(*^。^*)

いろんな話を皆でマシンガンのように連射し続けたのでちょっと疲れたかな?

この私の帰省のあと無事に退院でき、今は自宅療養中のようです。
学生時代の友達とこんなに長く繋がれたのも彼女のおかげ。

メンバーの中のひとりに言われて、じんわりと優しい言葉で嬉しかったのが
ここまで友達でいれたんだから、もうこれからもずっと友達やわっていうやつ。

わー、なんだか染みるなぁ~って思うのは、これだけ年数が経ったからだね。

巷で同窓会が流行っているのも妙に納得。

外見は、オジサン、オバサンになってても、会えば中身は昔のままだから。
当時は話もしていない人でも大人になると不思議と話せるんだな。
同級生マジックってホントにあるよ。

会うたびに皆の記憶のパーツを合わせてその頃の話をするのもかなり盛り上がる。
皆、同じ学校に通っていても、見てる所は其々違うからね。
改めて新鮮な思いをした帰省でありました。


ドナ・ヘイのカップケーキ、がんばってトライしてみようかしらん。。。(人´3`*)

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://from1to10.blog108.fc2.com/tb.php/945-c440e6a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。