From 1 to 10

そんな私の日々であります。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

*2015年 梅、梅、梅。 

2015/07/04
Sat. 00:22

ジトジトジト・・・。

沖縄地方ではもう梅雨明けしたようですが、
東京は6月は空梅雨だなと思ってたのに、月が開けた途端
じゃんじゃか振りまくっております。(´Д`;A)


そんな、梅雨の時期でも、楽しい事はあるものです。


そう、保存食作りが好きな人にとっては、6~8月は梅仕事のオンシーズン♪

我が家は、今年は梅酒はお休みにして梅干しオンリーの仕込みです。

毎年、梅仕事はしてきましたが、梅干しは 初めて4年目のまだまだ新人。

今までは、土井先生のテキスト通りの塩分20%で仕込んできて、初年度(2012年)
の梅干しをまだオットが大事に食べていますが、さすが、塩分20%なので、見た目も
キラキラと塩の結晶が高級和菓子のように静かに光っていて、初心者の私でも
本格的な梅干に仕上がったと思っています。

しかし、やはり、塩分20%は濃度が高すぎて、毎食頻繁に食べてもらっては困ります。

なので、今年は、ネットで検索していた時に見つけた簡単に塩分10%で漬ける方法に
初挑戦してみることにしました。

その方法とは・・・・・・⇒ キヨミさんのジップロックで漬ける減塩梅干し

こちらのキヨミさんのブログの梅干の作り方がとてもわかりやすかったので参考に
させて頂いて作ってみました。

で、作ってみたら、この方法がとても行き当たりばったりの私には合った方法で
ぴったりしっくりきたんです♪

っていうのは、計画的に毎年梅仕事を計画していないので、スーパーに青梅が
出回るシーズンになってから、値段と品質とスケジュールがかみ合うタイミングで
仕込むので、このジップロックの大袋に2キロ丁度の梅が仕込めるのは毎週、
買い物先から連れ帰った梅を少しずつ仕込むのにぴったりなんです。

そんな感じで、帰省前にひとまず、1袋漬けこんでそのまま旅立ちました。

そして、帰ってきてから、1袋。 翌週また店頭の甘ーい香りの梅に負けて一袋。

 で、合計6キロ分の梅を仕込み中。
 

 2015梅仕事①

マスキングテープに仕込み内容を記入して貼っておくと解りやすい。

また剥がして瓶詰めする時等に、そのまま使うつもり。(*´З`*)

(3袋目は、保存性を高くする為に塩分15%で仕込んでみました。)


この減塩梅干しの下漬けには、塩の他に、米酢と35度の焼酎が入っているので
常温で置いておいてもカビが生えないというのが素晴らしいです。

酢を入れても、味には影響しないんですって。

いくら減塩だからって、夏場に6キロ分の梅を冷蔵庫に入れるなんて無理なので、
この方法はホントにうちにピッタリ。

去年までは、ガラス製の容器に拘っていたのですが、今年はなんだかルールを
甘くしてみました。(^_^;)



そして、こちらは、1回目の梅をアク抜きで数時間水に浸していたら、ちょっと傷んだ
梅が多かったので、選別して2軍梅をジャムに仕立ててみました。

梅ジャムって、美味しいんだけど、見た目はちょっと茶色っぽくてなんだかなー。って感じ。

    2015梅仕事②

で、梅ジャムを作り終えた後の鍋と、捨てる種の周りにまだ付いている美味しいとこが
もったいなかったので、そのまま鍋に水を加えて、鍋底をシリコンべらで綺麗にかき混ぜながら
ゼラチンパウダーを入れて冷やしてみたら・・・・。

あらら、こりゃ美味しい♪ (*´З`*)

お中元で頂くような梅ゼりーには見た目は及びませんが、味は全然負けてない!

なので、作った梅ジャムは、この夏の間用に、梅ゼリーの素として使う事にします。
お鍋に600CC程水を入れて、梅ジャムを適当に、美味しいと思う位の分量を入れて
液体に戻し、あとはゼラチン入れるだけなので、とっても簡単。

梅の効能は、色々あると思いますが、食欲不振や、疲れた時にも、これなら手軽に
栄養補給、疲労回復ができると思うので、行きあたりばったりの産物ですが
我ながら、ヤッタネ♪ って感じです。\(o^∇^o)/\(o^∇^o)/



そして、↓ これは、梅酢が上がってくるまでの保管の様子。

最初は、パネトーネの大きい缶に重し(2リットルの水入りペットボトル)を乗せながら
入れていたのですが、袋の数が増えてくるとなんとも入れ辛い。

だって、ジップロックの袋は四角いですからね。
丸い缶に入れるのがそもそも、効率が悪い訳ですが、丁度いい四角い箱は無かったので
取急ぎこれに入れちゃったワケです。

最近になって、やっと、四角いカゴを探しだしてきて、ここに入れ直しました。
(汁漏れには気を付けないといけないですが、やはり均等に梅酢に浸かるので良い感じ。)


 2015梅仕事③

昨日、やっと1袋目を紫蘇漬けの段階に進めました。
梅酢で揉んだ紫蘇を入れただけで、もう白梅酢がピンクになってきました。

(赤紫蘇、もうちょっと下のほうにも入れないとダメね。)

梅雨明けに天日干しをするまでにどんどん赤く染まって欲しいですね。(*´З`*)


・・・・・・ここまでの減塩梅干しを作ってみた感想・・・・・・

重しがうまくできていなかったのかもしれないですが、ガラス瓶で漬けていた時よりも
白梅酢の量が少ないです。

その代わり、梅自体は実から水分が出ていないのでジューシーな感じ。


(2012年、仕込み時画像)
梅干し(二回戦)
(塩分も違うので比べにくいですが、容器のほうが断然梅酢の上がりが多いと思う。)



これが、吉と出るか、凶と出るか。 うーん、これは日々観察ですな。





こんな便利なジップロックがあったんだー。(゚0゚;) 
昨日スーパーで買ってきた。 これなら汁漏れも安心だね。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://from1to10.blog108.fc2.com/tb.php/944-801e4ce6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。