From 1 to 10

そんな私の日々であります。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

*季刊誌 うかたま。 

2014/07/22
Tue. 18:28

ずっと、「うたかま」だと思ってた雑誌。(^_^;)



以前、オットが本屋に行くついでに
定期的に購読してた雑誌、「リンランカン」を買ってきてと頼んで、
探しきれなかったオットが店員に聞き、本屋で恥をかくという失態があった。


そう、あれは。
もう、休刊になって甦らない 「リンカラン」だったな。 ┐('~`;)┌

しっかりと目で事実を把握できてないなぁ。
忍びよる老化をもう否定できない・・・・。(p_-)


ちなみに・・・。
「うかたま」は、食べ物の神様。
(うかのみたまのかみ)のことだそうです。

うーん、益々覚えられんナ。(^_^;)


+++


レモンの記事に惹かれて初めて買ったこの「うかたま 7月号」

なかなか読みごたえがあって良かった。


中でも、洗濯の仕方や、塩の記事が今まで知らずにCMや
ネット情報で良いと言ってるのを表面だけ読みとって
良い結果だけ得ようとしていたんだけど、詳しい事はたいして
頭に入っていなかったので、勉強になった。

洗濯用洗剤が主には石鹸と合成洗剤に分けられ、
最近ではセスキや炭酸ソーダ等のアルカリ剤を使う方法があり

界面活性剤、アルカリ剤がどういうふうに汚れを取るのか等
カワイイ図式で良く解るように描かれていて、
汚れが水に漬け置くだけでは落ちない理由がスコンと頭に入ってきた。

それから石鹸と合成洗剤の良い点、悪い点も書かれており
自分の住む環境でどういうものが入手しやすくて環境への負荷が
軽く済むのかを考える良い機会ができました。
「環境に優しい石鹸」というのは嘘ではないけれど、それはある一面
から見た利点であるだけで、合成洗剤の方が勝っている利点も
あるのだと知って、この本は保存版だなと思っているのであります。

他にも細かくは書かないけど、塩売り場でどの塩を買えばいいのかと
迷っていたのが、これを読んで、ここで一旦整理出来た感じ。


最近、レモン塩や、レモンのお菓子の本やテレビでも放送される事が
あって嬉しいので買った本ですがこれからもチェックしてゆこうと思います。


この素朴なおやつの本もキニナリ中。(*´З`*)


ベランダレモン、今年は何個できるかな?
収穫は冬なので、とりあえずレモンのお菓子はスーパーで仕入れたレモン
に頼る事にしましょうか・・・。(*^。^*)

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://from1to10.blog108.fc2.com/tb.php/854-e0da7b79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。