From 1 to 10

そんな私の日々であります。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

*大きなブリキ缶。 

2014/07/05
Sat. 06:04

最近の我が家のお気に入り。

大きなブリキの缶です。


加藤製缶①

どれくらい大きいかというと、


写真だけじゃサイズ感が分かりませんよね?


はい、どーん!!
加藤製缶②


コストコで買ったQUAKERの大容量のグラノーラの大袋(紫)が
大方入る位の いいサイズ。(*^。^*)

オーツ麦のゴリゴリした食べ応えのある食感と
レーズンの甘さ、スライスアーモンドのカリカリした
香ばしさが大好きです。
これでクッキーとか作ったら美味しそう♪



シルバーのは、 フリーズドライの甘い小豆が入った
小倉のーら。(*^。^*)


ちょっと甘いものを食べたい時に牛乳注いで軽く食べると
空腹が凌げて、いい感じ。(*^。^*)
もちろん、お味もいいのでライト感覚のシリアルで気にいってます。


このシリアルを入れる為にあるんじゃないの?っていうブリキ缶は

先月、東京の台東区で行われていた 「モノマチ」の街歩きイベントで
オットがひとり参加し、見つけて買ってきたもの。

去年は、一緒に私も行ったのですが、
さすがに今回は、怪我した足で杖突きながら参加するには
お天気も良すぎて、長距離歩く自信がなかったので
私は残念ながら家で待機でした。(~_~;)

手仕事職人のショップが色々ある町ですから
古い街並みをブラブラ歩くだけでも楽しいのです。

そんな中、色んな体験ワークショップがあったり、
アウトレットやサンプルの商品を格安で売っている
ラッキーなブースもあるので、これは自分で歩いて
探す価値があるんですよね。

最初から目をつけていたお店が
1895年創業の老舗茶筒卸売メーカーの 「㈱加藤製作所」さん。

ここのブースは女性客で溢れていたそうです。(~_~;)
あー、私も自分の目で見たかったなぁ。

上のリンクの画像に乗っているグレーのCOFFEEとteaの缶
可愛いね。 欲しかったなぁ。
こういうのは初日に行かないとね。

最初、黒い茶筒みたいなのを「どう?」って写メで送ってきたんだけど、
茶筒は既に、 syuroとサンクと一保堂の茶筒 
シルバー系で揃えてたのを気にいって使ってるしなーと
軽ーく却下し、シリアルいれる位の大きめの缶はないかなー?
とお題を出す。

すると、コマネズミさん(オット)は、売り場を見渡し、
その条件に合いそうな缶はないと判断。

それに、どれも塗装のかかった缶ばかりだったので、
コマネズミ自身の趣味の点からも食指が働くターゲットは無かったらしい。


でも、そこで諦めるコマネズミではなかった・・・


ちょうど、店員さんが声をかけてこられたので、
こういう塗装のかかった缶しか ないのですか?と聞いたらば・・・

店員さんが、 少し考えてから、はっ!と思いだしたように、
1個だけですけど、こういうのならありますけどと奥から出してきたのが
この缶だったという訳。 (*´З`*)

お店の方にしたら、ちょっと大きすぎでしょ?って感じで
探してる物と違うでしょ?オーラで差し出してくれたそうなんですが、
この大きさこそ、まさに嫁が求めていたサイズ!
それに、トップに取っ手がついたデザイン、いいではないですか!!


思わず、「おぉ~!!w(゚0゚)w」と叫び、

お値段聞くと、な、な、なんと!

たったの500円! w(◎_◎;)w


そばで、他のお客さんが見ていて
ロックオンされたような気がしたから、
手放さずに即決で確保したらしいです。(´Д`;A)


(σゝ∀・)σ でかした!


私が行ってたら、他にも色々買ってたと思うけど
ひとりで出かけた財布のヒモの堅いコマネズミにしては
これはナイスなお買いものでしたね。




大きなブリキ缶という事でしたら

うちには、もうひとつ、こんなのっぽのブリキ缶が
先客でおりましたわ。


加藤製缶③ 


これは、去年、渋谷パルコの中に中川政七商店が展開している
「大日本市」のショップが開店した時に入手した 「缶入り 嘉兵衛番茶」



中には以前にも紹介した私のお気に入りの奈良の番茶が入っていて
このお茶に大きな缶がついて2000円代で買えるっていうのが
珍しくオットと共に、「安っ!!」って共感しあって買ってきたのだ。

パスタの保存缶にしようと思ってるんですけど、何キロ入るん?って
いうくらいいっぱい入りそうです。(^_^;)


そして、なんとまぁ、びっくりなのが!

オットが最近出かけた展示会での事。
中川政七商店さんのブースで
中川政七商店の缶は㈱加藤製作所さんで作られたものだと
掲示されていたそうなのです。

なんとまぁ、加藤さんつながり!w(゚0゚)w

似ていると思ったら、同じ出所のものだったかもしれないのね。

でも作りは中川政七商店さんのバージョンほうが精密な感じで立派。
上から見ても上蓋部分のハンドルに手がかかりやすく
作りがしっかりしてますね。

加藤製缶④ 

でも、比べられない程、どちらも気にいっております。


こんな出会いがあるから モノマチって楽しいんですよね。
って、行ってなかったけど。(^_^;)

他にも、女子に交じって、ツバメノートさんのブースで激安ノートを
いっぱい買ってきたオット。 よーやる。┐('~`;)┌

あっ!楽天でも取り扱いがありました♪




これも大きくて良さそう。





来年は頑張って私も行ってみようと思います。ヾ(*^▽゜)

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://from1to10.blog108.fc2.com/tb.php/849-57e7c8e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。