From 1 to 10

そんな私の日々であります。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

*飯台と湯葉。 

2014/03/07
Fri. 21:43

心配していた妹分の彼女から便りと共に届いた
京の空気。

東京も昨日は雪がちらつくほど寒かったけど
深々と冷える京都の冬は今年も格別なんだろうな。

そんな京ゆばをお雛さまと一緒に。

京ゆば

出すのが億劫で使っていなかった飯台を引っ張り出してみたら、
なんと・・・。

結婚した年に買って、もう16年も経つので檜の水分が
徐々に抜け、数年前に使った時には周りの銅のタガがずり落ち
、仕方なく木づちで下から叩きあげて何とか凌いでいたのだけど、
それ以来の飯台の様子は・・・。

とうとう一カ所、3ミリ程縦に隙間が空いてしまいました。

あーあ。(;_;)



先日、池袋のデパートのある催事で
素晴らしい秋田杉のおひつを手に取って見る機会があり、
グッドデザイン賞も受賞しているそのおひつ は、
見るからにいいお道具。

しかし、それを目的として訪れた訳ではなかったので
衝動買いするには、とんでもない金額だったので、
その時の買い物は、お箸としゃもじに留めて帰って
きたのですが、帰って数日経っても、あのおひつの事が
頭から離れない・・・。

ネットで検索してもっと格安で恰好も良い物を見たりは
したけど、あの底の角をうまくカーブを作って丸く作り
あげて、ご飯をすくい易く、洗い易くしているのを実物で
確認してしまったので、あれに勝る物が見当たらないのだ。

現地から、直接、匠と販売員の方が来られて、釘も使わずに
木を繋いでいる部材を見せてもらったり、わっぱよりも木が
厚い分、水分もよく吸い、夏場でも室内で3日はご飯が持つ等
(3日も!?って連呼しちゃったけど、食べる勇気ないけど、
 これはかなり興味あり。)
良い道具選びのお話を事細かく聞いたので、余計かもしれない。

あぁ。 
おひつ、おひつ、おひつ・・・・。(´ℇ`*人)





そんな折に、あぁ、そうだ、ちらし寿司だ!
久々に飯台を出して作ってみようと思ったのです。

グッドデザインも、年数が経つとやはり木が痩せてくるの
でしょうね。自然現象だし・・・。

うーむ。


しかし、やはりそこは木のいい所でもあるのですが
シンクで飯台に水を張ってしばらくは、隙間から水が漏れ出て
いたのに、しばらく斜めにして水を溜めていたら・・・・。

どんどん隙間が埋まってきました。\(o^∇^o)/

まぁ、作るのはちらし寿司で、釜あげうどんを入れる訳では
ないので、ある程度隙間が埋まったら良しとします。

やはり、木の道具は放っておいたらダメですね。
使ってこそ道具です。

2人家族にはかなり大きい飯台なんですけど、処分せずに
もっと頻繁に使うようにしたいと思います。
(2日はお寿司食べないといけないけどね・・・(^_^;))


で、ゆばゆば♪♪ (*´З`*)

私、食感の豊かな食べ物が大好きで、ゆばもそのうちのひとつ。

この日は、お雛様の節句に合わせ、綺麗な手毬麩が入った
きざみ湯葉を蛤のお吸い物に加えてみました。

京ゆばと蛤のお吸い物

おわんに蛤いっぱいで、湯葉見えん!!Σヽ(;▽;)ノ

でもでも・・・

あぁー♪ 
いいお出汁に、湯葉が優しくほろほろと喉を過ぎていく様子が
宴を豊かに盛りたててくれました。

まだまだいっぱい楽しめそう。


ごちそうさん。  

ありがとうね。


ずっと応援してるよ。 (*^_^*)



関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://from1to10.blog108.fc2.com/tb.php/814-376e5d87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。