From 1 to 10

そんな私の日々であります。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

*フルーツキャンディージャー。  

2013/12/09
Mon. 23:18

さてさて・・・。

昨日のキャンディーの話のつづきであります。



キャンディー。

普段はこんな呼び方はしないのであります関西人は。

そう、「飴ちゃん」ですな。


一度、関東に越してきてOL生活をしていた時の同僚(女)に
「飴ちゃんだってぇ~!!━━(>▽<|||)━━!!!」

と、ばかうけされた事があり、他にも食べ物に「ちゃん付け」
するのかと面白がられた事がある。

あるよねぇ、関西じゃなくても普通に。ちゃん付け、さん付け。

今、考えつく所で、「おいもさん」「おかゆ(い)さん」
って言います、言います。

探してたら、こんなんもありました⇒ 「う○こさん」w(゚∇゚;)w

そう言えば、子供が小さい時とかにお母さんが「~してきなさい」とか
言って使ってたような。。。

食べ物の話の間にする話じゃないですが、やはり、尊い事ですからね。
いいじゃないですか、「さん」付け。

久々にうちでもさんづけで会話してみよう。



+++


で、昨日の飴ちゃんはと言いますと。


ドイツ製の
Cavendish&Harvey(カベンディッシュ&ハーベイ)の
フルーツキャンディー という商品で、ガラスのジャーに入っています。


カルディで見つけて、なんだかこんなに安かった?って言う気がして
大瓶を買ってきました。

Cavendish&Harvey② 

うん、やはり安かった。

大瓶だと普通、1,500円くらいしますから、カルディで900円代だったのは破格でしたね。

いくら好きでも、いつでも買えるものじゃないし、外出先からガラス容器入りの
飴ちゃんを買うにはいくつかハードルがあって買えなかったので、この大瓶は
初めてのお買いものです。


原材料は
砂糖、グルコースシロップ、着色料(果実、ウコン、赤ビート)、
酸味料、香料(オレンジ、リンゴ由来等 と言う事で自然風味の物で作られたものだそう。

味は何種類あるんだろね。今度数えてみよう。




しかし・・・。



私はすっかり忘れていたのですね。



この買い物の存在を。(´Д`;A)





秋に渋谷で買った買い物を部屋の隅にほんのひと月程、置いたままだったと・・・・・。(-_-;)
お買いもの開封
生鮮品が入ってないのを良い事に、すぐに使わないからってそのままにして
いたのがいけなかった。

すっかり、TODAY’S SPECIAL で 小瓶サイズの方を買っていた事を
忘れ去っていたのですよ。 ジーザス。(;_;)

認知症の始まりではない事を祈りましょう・・・。

( 認知症予防にはショウガが良いそうな。
  よっし!ショウガ摂取がんばろうっと!!o(TωT)o )



コンランショップでは、素敵な瓶の炭酸飲料を買ったら、わざわざ紙袋を二重にして
入れて下さった。 さすがコンラン卿!!




ちゅうことで、 おふた方、出揃いました。 ( ̄ロ ̄)ゞ

Cavendish&Harvey③ 

親分と子分ではガラス瓶のデザインが異なります。

子分のほうには、頭の上部に会社のマークがエンボスで浮きあがってますね。

今までは缶タイプのを買っていたので、しばらく楽しめて嬉しいな。

瓶は空いたら、密閉性もあるので、乾物の保存にも使えそう。

自家製梅干し入れても可愛いかな・・・。


あなたは親分派? それとも子分派? (^_^;) 


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://from1to10.blog108.fc2.com/tb.php/787-2dca053b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。