From 1 to 10

そんな私の日々であります。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

*乾燥しいたけ。 

2013/08/17
Sat. 01:00

半額になってたシイタケ4パックをひたすらスライスして、
この炎天下を利用してカラッカラになるまで干してみた。

ほっかほかの干し上がり~♪♪ 4パックあっても、乾けばたったこんなもんです。

自家製乾燥しいたけ

夜には室内にこの手製吊りザル取り込んで室内で吊っているので、
夜間にPC作業していると、干し上がってきたシイタケの甘い香りが鼻先をくすぐります。

シイタケって、生で食べるよりも、乾燥させたほうが何倍も美味しくなる。

太陽の力でごちそう作るなんて、スバラシイ恵だわ。


自家製乾燥シイタケは必ず、スライスして乾燥させる。 
どうせ使う時はスライスするから戻す時間も短くて、乾かす時間も早くて一挙両得。

早速、そうめんつゆを仕込む。 
出かける前に小鍋に水とこのシイタケを適量入れて戻しておけば、帰宅して
砂糖、醤油、酒で好みの味に整えながら火を通せばあっという間に完成。

今回は、一味、キメを加えようと、アゴ出汁の顆粒を入れてみた。
うん、なかなかコクがあって美味しい。
そうめんつゆは、市販のだしだけだと私にはしょっぱいので、時間のある時には
このそうめんつゆを仕込んでおくので、スライスシイタケは常備しておきたいモノ。

しいたけ風味の甘めが美味しいと思うのは、母の味だからなのかな。


吊りザルの足?手?の部分。そういえば、白にペイントしてたんだった。(^_^;)
さすがに劣化してきたかな。
でも使い勝手がいいので、足りない部分はビニールひもで繋いでまでして使い続けてる。

どういう形になった時が最期なのかはまだ決めてないけど。。。
その時はこの姿に変化した小物干しの最後の寿命って事。


去年の画像の使い回し・・・。あはは。去年より確実にビニールひも増えてるし。(^_^;)

土用干し③

さて、今年もゆかり用の赤紫蘇をそろそろ干しましょうかね。
吊りザルまだまだ大活躍。
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://from1to10.blog108.fc2.com/tb.php/743-a6302e7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。