From 1 to 10

そんな私の日々であります。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

*錆びの効いた感じを目指す。 

2013/06/11
Tue. 00:42

だんだん自分の趣味が固まってきたのかな、一過性のものなのかな?
以前は、パ●ウェ●ーブ研究所か?っていう位、身の回りを、真っ白にぃ~♪♪
を目指してた頃もありましたが、(^_^;)

最近では、真っ白も嫌いじゃないけど、ちょっと影のある白、滲むような黒
錆びたようなニュアンスっていう組み合わせが好きです。

そして、急に手持ちの材料を眺めて思い立ちました。


「 そうだ、壁を飾ろう。」


思い立っても、本来、自力センスがないので、大きい壁をかっこよく飾る
のは大変難しい。

でも、小さめの壁ならできるかも?と


キッチンの片隅の小さいスペースを黒額でコラージュしてみました。


白黒コラージュ

セリアで見つけて温めていた、セピア色の英字新聞柄をボール紙に印刷したもの。
ダイソーさんのエッジの効いたプラ額にピッタリ合いました(A3)。

A3のは面積が大きいので、表面の透明な部分はアクリルシートなんですが、細長い方は
枠はたいしたことないけど、ちゃんとガラスなので、微妙に反射する光の具合が違うんですね。
やはり、ガラスのほうがスッキリして見えます。


中身は、以前マリメッコのムック本についてた商品保護用の箱や、吉祥寺の「サンク・ブリュス」
さんで入れてもらった袋が良い感じの格子柄でツボだったのを保管してたのでここぞと使用。

「9.0cm」のプレート は、去年の秋、東京のロハスフェスタで入手したもの

やっと、毎日見れる場所ができました。

直貼りの英文字は、以前ダイソーさんで買ったウォールステッカーの部分的に使ったもの。

リースとか、鳥カゴ柄とかいらないから、英文字だけのウォールステッカー作ってほしいな。


外国のインテリア雑誌等には、よく家族写真やカードを色々なサイズの黒い額に入れて、
壁ごとコラージュしているシーンを見かけますが、実際にやってみるとなかなかいろんな
サイズの額を飾るっているのは、バランスが難しいものです。


この壁はマンションの基礎壁になっているコンクリートに直壁紙が貼られているので
画鋲も釘さえも通らないので(賃貸なので基本NGですよ、モチロン(^_^;))
何かを壁に掛けたい時はモノを直接マスキングテープ等で貼りつけるしかなかったのです。


この黒額を飾るにも紆余曲折がありました・・・。

+ + + 



いくら100均のプラスチックの軽い額とはいっても、普通の粘着フックでは背面に隙間もできて
しまうので難しいんですね。

額をぴたりと壁に添わせて飾る方法って、以前どなたかのブログで見たような気が
したんだけど、こんな時に限って、探せない~ (×ヘ×)。。。


まぁ、ぐだぐだ言ってても仕方ないので、家にあった賃貸の壁の強い味方!

コマンドシールに小さいプラのフックを貼ってくっつけてみました・・・が。
コマンドタブ① 


フックの面積が小さいって事は、やはりいくらコマンドフックが後ろで壁にふんばって
くっついてても、フック側の踏ん張り度が効かなくって、額を掛けたら、すぐに取れちゃいました。

それに、やはりL字型の高さがある分、微妙に額の上部に隙間が開くしね。 


ダイソーさんに、別のフックを探しに行きまして、ひとつひとつ吟味しながら、まぁこれしか
ないかなぁ・・・って選んだフックが右側のモノ。

ステンレス製で、壁との接着面も大きめで重量1㎏までならなんとかなるかな~と思って一応
カゴに入れたのですが・・・・・。

もう、左側に写っちゃってますが、もっとええのを見つけたんですよ、はい(*´З`*)

右側のフックは、縦長なので、額をひっかける部分がてっぺんにある場合等は、
裏の接地面が縦長な分、額の上からこんにちは~!って覗いちゃう恐れがあります。

それに、硬めのステンレス製なので、やはり、壁と引っかけ部分にどうしても隙間ができそうです。

しかし、左のはどうです?? 横長タイプなのでこんにちはする確率が低いんですよね。

さて、このフック。 右のと同じ売り場にはありませんでした・・・・・。

ダイソーステンレスフック 



なぜなら、これは、ものを掛ける為のフックじゃないからです~!!(*´З`*)





答えは、 電気ケーブル等を壁に添わせて固定するフックだったんですね~!!( ̄ロ ̄)ゞ


ダイソー金属ケーブルフック 

ステンレスのフックは1個で105円なのに、これは同じ値段で8個も入ってる!!

お得ぅ~♪♪\(o^∇^o)/


それにね、ステンレスのフックの荷重量は1kgだったのに、こっちの一見へなちょこな
ケーブルフックのほうは、2kgとなってましたよ~、頼もしい♪♪ (人´3`*)

それに、このフックは本来ケーブルを引っかけたら、フックの飛び出てる部分はぐっと
壁側に押しつけて添わせるようにできているので、柔らかくできてるのがナイスなんですね。

最初からついている粘着シートは剥がして、別にコマンドシールを張り付け、フックの隙間を
押して薄くしてから、壁につければいいだけ。

あとは、額側のひっかけフックに引っかけるだけなんですが、これは裏側で見えない背中側で
針に糸を通すような状態になってしまったので、よく昔、賞状の額を掛けたたように、額側の両脇
に三角フックをつけてヒモを渡し、その紐に引っかけるというのが結果的に楽でした。

直接見えちゃう部分じゃないので、何色でも良かったのですが、見える場所で使う場合は工夫して
目立たなくするか、わざと男前な仕様にするか、色々と使い勝手がありそうなグッズだと思いました。

途中、バランス見る為に仮に撮影してみたけど・・・・・。 ┐('~`;)┌

キッチン壁 
 まだまだ、まだまだ、残念な感じ。
 
 
 本来、お見せできる場所じゃないので小さめで。(^_^;)

 冷蔵庫の隙間がやはりスッキリしないね。
 ストックの飲料水の保存場所に丁度いいんだけど
 ついつい、上にエプロンやらなんやら置いちゃってネ。

 隙間家具とかも売ってるけど、仮住まいの為に買うもんじゃないし。
 
 
 壁、飾るよりも、ここをどうにかしろ!ってね。 ( ̄ロ ̄)ゞ

  

 

 
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://from1to10.blog108.fc2.com/tb.php/723-8c795b2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。