From 1 to 10

そんな私の日々であります。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

*3年かぁ。 

2013/01/24
Thu. 03:00

またまた少し空いてしまいましたね。
なんだか、今月は、まだエンジンのかからない私。(^_^;)

気づけば、更新していない間に、この「From 1 to 10」も
なんだかんだと、駄文を綴りながらも、丸3年。
祝う事もないまま(更新もせずに(^_^;))静かに3周年を迎える事ができました。

おしゃれインテリアを語る訳でもなく、おしゃれファッションを披露する訳でもなく
かといって、美味い料理を披露する事もないままに、本当なら家族なり、友人なりに
話すような日常の普通の出来事をたらたらと書いているだけでも、積み重なると結構な
量になるもんです。

自分の事ながら、この日の文章は良かったとか、この日は何を言いたいんだ?と
後々自分の支離滅裂さに驚きながらも、かなかなか感慨深かったり・・・。


私は、文章を書くにも、物事を考えるのも、
段落単位でできないようで、ふいに違う事が頭の中をよぎり脱線してしまう事がしょっちゅう。
だから、このブログも文章に統一性がなかったり、読みにくいのだろうに、それでも世の中に
堂々と書き殴りノートを開けっぱなし状態を公表してしまってるのですから、困ったもんです。

読みに通って下さる皆さまには、本当に根気強さに頭が下がります。<(_ _)>
いつもありがとうございます。

***

最近、文章が進まなかったのは、年末から 色々、考える事があって、それを自分の中で
消化するのに時間が必要だったという事で少し間が空いてしまいました。

そういう時は静かに時間が過ぎるのを耳を澄ませて待つ事。

時間ってすごい。


静かに過す時に、コトコトと始める事。
台所にある野菜を全て賽の目切りにして、お鍋の中に綺麗に敷き詰めて
水を注ぎ、コトコトと煮て行く事。

去年、借りたDVDの「食堂かたつむり」の中で柴崎コウちゃんが、
お鍋でスープを作る様子が、神がかってた。

スープの煮方
 (食堂かたつむりのワンシーンより)

いつもだったら、野菜は火の通りにくいものから、鍋で炒めてから水を注いで
煮込むのが定番の作り方なんだけど、たまには、こういう風に綺麗に並べて
油もなしで野菜だけをコトコト時間に任せて煮込んでみるのもいいよね。

出来上がる頃にはザワザワしていた気持ちも静かになって、何か完成したもので
満たされるようで、この儀式はなかなか気に入っている。


自分で自分自信を卑下するのは始終の事ですが、振り返って逆に面白く思えるのも
いいものですね。
時間がそういうふうに調理してくれたって事かな。


いつもおつきあい下さる皆さまには、本当に感謝感謝でございます。(人´3`*)
4年目。 今年も一年、がんばろうっと。




楽天レンタルで「食堂かたつむり」を借りよう
↑ レンタルで借りたら映像(色)が綺麗で良かったので、また見てみたい作品でした。



【送料無料】食堂かたつむり [ 小川糸 ]

【送料無料】食堂かたつむり [ 小川糸 ]
価格:588円(税込、送料別)



ちょっと、テンション低めの事だったので、別にしてみました。
重いのしんどいやーって、方は、ここで終わってね。ごめんね。(^_^;)


年末に、知り合いが病気になったという連絡が ある短い期間に何人も続いて、
その心配で私自身も調子が狂ってしまってたこのごろ。

中には、卒業して以来、長く連絡を取り合っていなかった後輩の子が、病気で亡くなって
いたという話もあり、命が消えるという事を今まで文字で見たり、目で見みたりする以上に
体で痛感するような衝撃でした。

人間は産まれてから死に向かっていると言うけど・・・。

いつ死んでもいいやなんて、行く時はポックリと。なんて自分の死の事は軽く考えてたけど・・・。

あまりにも生きているのが当たり前と思いすぎていて、突然、命が終わるという恐ろしさに
今やっと気付いて、残された立場に直面した時に、踏ん張っていられるのか自信がないと思った。

先に突然逝くとしても、やはり現実には、強い心を持って準備期間でもなければ心残りが
ありすぎて、無念すぎるだろうなって思う。

そういう意味でも、去年亡くなった、流通ジャーナリストの金子哲雄さんは、すごい意思の
立派な方だったなと心に残っている。

私は・・・。やはり切羽詰まって何もできずに終わっちゃう気もするんだけど。

長生きするのも大変な世の中だけど、終わる時におたおたしない様に、これからは考えて
いかなきゃと思う新年の思いでした。




病は気からって言うけど、本当に気持ちで治るのなら
皆のパワーを吸収してでも治ってほしい。

私の大事な人達が、無事に窮地を切り抜けられますように。
お守り


いつも、温かい拍手ありがとうございます。励みになります。m(__)m
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

コメント

ご無沙汰してごめんね。
お久しぶり!(^0^)/ お元気してましたか?!
Yururiさん、
「From 1 to 10」3周年おめでとうございます!!

何かをずーっと変わらず続けて行くのって、
簡単なようで実はすごく難しいこと。
だけど3年間コツコツと頑張って続けてこられた
Yururiさんをほんと尊敬します♪

確かに、過去のブログを自身で読むとついつい卑下しちゃうけど・・
こんな節目の時だけでも
昔の自分、これからの自分、丸ごと自分を
褒め称えちゃいましょうやん!d(*^ー゚)

静かに過す時にするコトコトと始める事、素敵ですね♪
確かにお鍋の中身を見つめてたら、なんか気持ちも柔らかくなっちゃいますもんね。

あと、お知り合いの方のご不幸や病気 
お悔やみとお見舞いもうしあげます。

そういった不幸が身近であると、へこんでしまいますよね・・
でも、先に逝ってしまった人達や病に苦しんでる方のぶんまで
しっかり生きてしっかり毎日を頑張って!願いはきっと届くよ。

なんかハチャめちゃなコメでごめんなさい!(><)
4年目の「From 1 to 10」 も楽しみにしてますっ!










eko+ #- | URL | 2013/01/24 22:11 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/01/25 12:05 * edit *

eko+さんへ

eko+さん、こちらこそ御無沙汰してしまってごめんねー(´Д`;A)
早速のお祝いコメ、大変嬉しく思います。ヽ(・∀・)ノ


> 何かをずーっと変わらず続けて行くのって、
> 簡単なようで実はすごく難しいこと。
> だけど3年間コツコツと頑張って続けてこられた
> Yururiさんをほんと尊敬します♪

何をおっしゃいますやら。(´・ω・`)
eko+さんと出会えてなかったら、きっともうとっくにブログも
やめていたかもしれません。
ここまで内容のないこのブログを続けてこれたのは、まぎれもなく
影の立役者!eko+師匠のおかげなのですよ!!
更新頻度といい、手仕事の早さといい、私の方が尊敬して止みませんわ。∠(`へ´*)
ほんとに、これからもよろしくお願い致します。<(_ _)>

> 昔の自分、これからの自分、丸ごと自分を
> 褒め称えちゃいましょうやん!d(*^ー゚)

ぎゃん。(^_^;) 人の甘い言葉にすぐに乗っちゃう私なので
そんな風に言われると、早速、おいらってスゲー!って褒める事に
しますわ~ヽ(・∀・)ノ

> 静かに過す時にするコトコトと始める事、素敵ですね♪
> 確かにお鍋の中身を見つめてたら、なんか気持ちも柔らかくなっちゃいますもんね。

あのお鍋の中ね、映画だから、スタッフの人が枠でも作って上手く放射状に
仕込んでるんだと思うけど、自分ちでは、なかなかあんなに綺麗には仕込めません。
要は、気分です、気分!(^_^;)


> あと、お知り合いの方のご不幸や病気 
> お悔やみとお見舞いもうしあげます。


あ、私が言うのも変ですが、ありがとうございます。(^_^;)
なんだかねー。自分がどんどん歳とってきて、どんどん出来なく
なってきてる事を痛感してる頃に、こういうのが重なったので
自分がこの世を去るっていう事よりも、いて当たり前と思ってる
人達がいなくなってもおかしくない時期にきているのとかに直面
したら、なんだか、まだ元気なのに、涙が止まらなかったんですよ。
後輩の子は、まだ若いのに、家族を残しての事だったので、その無念さ
が、距離も世界も離れてしまっても伝わってきて、ドワーッって気持ち
の波がウネってきてしばらく大変でした。(-_-;)

> そういった不幸が身近であると、へこんでしまいますよね・・
> でも、先に逝ってしまった人達や病に苦しんでる方のぶんまで
> しっかり生きてしっかり毎日を頑張って!願いはきっと届くよ。


ありがとうございます。
こんな事、ほんとはブログなんかで書く事でもないと思ってたので
なかなか更新できなかったんですが、やはり、私の心の中の大きい所
を占めるものだったので、少し吐露させてもらいました。
ほんと、生かされてる奇跡を頑張って生きなきゃね。

> なんかハチャめちゃなコメでごめんなさい!(><)
> 4年目の「From 1 to 10」 も楽しみにしてますっ!

とんでもないです。
家では普通に笑って暮らしているので、こんな事オットにも言って
なかったのですが、eko+さんに聞いてもらえて肩をポンポン
してもらえた気分です。ありがとうございます。(*^_^*)
4年目もよろしくお願い致しますヽ(・∀・)ノ

Yururi #- | URL | 2013/01/26 00:14 * edit *

鍵コメさんへ

更新が滞ってご心配おかけしました。(^_^;)
心強い助言もありがとうございます。
生きてるって事の奇跡を今更ながらに感じるこの頃です。

そんなどっぷり落ちている訳でもなくて、家では淡々と
それはそれ、これはこれと思って笑って生活してますよ。(*^_^*)
寒くて暗いと思考もフリーズするっていうのもあるのかな?
淡々と手仕事もいいですね。今は編み物は気分じゃないので、
何をしようかなー。って確定申告の書類を横目に妄想中です。(*´З`*)

月半ばに東京に降ったドカ雪がまだ溶け切りません。
今年はまだまだ寒そうですよね。早く春にならないかなぁ。

コメントありがとうございました。(*^∀^*)ノ


Yururi #- | URL | 2013/01/26 00:32 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://from1to10.blog108.fc2.com/tb.php/663-33f1f37d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。