From 1 to 10

そんな私の日々であります。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

*怒涛の転勤劇。 

2010/04/01
Thu. 07:00

留守の間に、ポチっと応援してくださった皆様~。

本当にありがとうございました。

おかげで心丈夫に3月を終える事ができましたわ~


怒涛の3月でしたわ~

もう、二度と転勤ごめんやわ~

あ、でもまだ最低1回は帰る時に、また引っ越さなあかんわ~

今日は、かなりのガス抜きが入りますので、鬱陶しいなぁと思う方はパスでお願い~

予告させていただきます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この二年。
家(建て売り)を買うか建てるかで休み毎に現場めぐり。
インテリア本、不動産購入アドバイス本等を読み漁り、夢を巡らす。
思うような物件に巡り会えず、とりあえず貸してたマンションのリフォームを試算。
借主のあまりにもの使用状況にかなりの手直しをしないと住む気になれず堕ちこむ。
気を取り直し、リフォームを進め、壁紙、床材、水栓、など総リフォーム。
真っ白な壁紙になると臭いも消え、気分も晴れて戸建からマンションに越す心構えを整える。
現場監督をこなしながら、引越しの算段をし、借家の計画的な清掃を進める。

転勤辞令 発令・・・・・。

工事も途中で現場に任せ、急遽、予想もしなかった引越し先の東京に家探しに飛び出しました。
しかし、時期が悪く(会社の予算内では)良い物件は1件もなく、不動産屋にも同情される始末。
それでも、少しでもテンションの上がる物件はないかと走り周りましたが
関西で住んだ物件より確実に狭く、古く、高くなるのです。
古くても借り手のある関東ではサラリーマンが借りれる目新しい賃貸は無いに等しいようです。
元々、自分で建てようかと思って、最新の住宅設備を見て回ってた位なので、眼が肥えてしまい、
どの物件に行っても悪い所を見つけてしまい、全くテンションが上がりません。
お金をかけて持ち家を改装したのに、なぜわざわざそれより酷いところに住まないといけなのか
と思うと悔しくて、2日かけて探して契約に至らなかった帰りの新幹線の中で、涙を必死で堪え
ましたが、自宅に帰る道すがら、声を殺しながら号泣してしまいました。(呼吸困難
精神的に辛い日々。
結局、オットが会社に事情を説明し、自腹で東京に出向き、
もう、何も言わないと言う暗黙の了解の下、一人で決めてきました。
結局、以前、転勤時に住み、土地勘のある千葉方面を探しまくった結果をひっくりかえし、
東京23区を通り過ぎ、ま逆の埼玉よりに決まりました。(一応、東京なんですケド)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

引越しの荷物をなんとかトラックに託し、お世話になったおうちを、できる限りピカピカに磨き

上げ、不動産屋の立ち合いも無事に済まし、しばし室内を眺め

「いい家やったなぁ~。」

「いろいろ言ったけど、勉強になったし、楽しかったよね。また、こんな家に住めますように。


と言って二人で何もない室内の撮影大会に。


bye


何もないと広いねぇ。 荷物、多すぎたよねぇ。 頑張って荷物減らさないとねぇ。・・・。

楽しい生活をありがとう。 無事に私達の生活を守ってくれてありがとう。

***************************************************

春一番の嵐と共に関西を去り、嵐のまま東京入りです。

お世話になった家を後にし、夜の *「花のみち」を強風の中、駅に向かっていたら

(* 花のみちは昔、武庫川の土手だったそうです。)

「あ、1本だけ桜が・・・」

夜桜に見送られての退場です。

もうすぐ「花のみち」が桜で満開になって、あの劇団員の方達の出待ちをする熱狂的ふぁんの

方達と花見客でごった返す次期なのになぁ。今年は見れないなぁ。

美しくなったJR宝塚駅舎。

昔、学生時代、阪急からJRに乗り換えるのに道路ごしの信号しかなかった旧舎時代は

もう面影もないなぁ。

日本で最初の市街地再開発事業ビルで 昭和49年に竣工した「サンビオラ」も

とうとう再、再開発の時期みたいです。

子供の頃はサンビオラしかパッとした場所がなかったのに、今となっては近隣市等に大手の

ショッピングセンターが乱立したことにより 宝塚は観光とは名ばかりで買い物をする場所

ではなくなってしまったようです。

廃墟のようなテナントも上層のマンションも解体された状態ですが、

宝塚南口がどんなふうに再生するのかすごく楽しみです。

オットともよく家庭内プレゼン会議として宝塚をいかに良くするか論議をしていましたが、

今となっては故郷となる宝塚が良い街になってくれる事を祈るばかりです。

(素朴でエレガントな魅力はそのまま残してくださいね・・・)



さようなら、宝塚。またいつか・・・。
(あ、歌劇、見た事ないんですけどね、てへっ

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

コメント

こんにちは☆
本当に大変だったんですね。
引越しだけじゃない大変さを抱えてらっしゃったんですね。
東京では、素敵なお店が沢山だと思うので、
ショッピングを楽しみつつ、生活を楽しんでください♪♪

実は私の実家が武庫川の近くなんですよ☆
ファミリーランドがなくなったときは悲しかったなぁ。


kokonm #- | URL | 2010/04/05 08:00 * edit *

Re: >kokonmさんへ

>kokonmさんへ

ありがとうございます。
でも大変さは、まだこれから襲ってくるのだと思います。
改装したマンションまた貸さなきゃいけないので・・・。
なかなかライバルが多くて借り手がつきません。
ダブル家賃になると目も当てられないので早く借り手がつくように
お願いしてるのですが、前回、痛い目にもあっているので
慎重にいかなきゃ・・・なんです。まだまだ神経やすまりませんわ・・。

> 実は私の実家が武庫川の近くなんですよ☆
> ファミリーランドがなくなったときは悲しかったなぁ
え~!そうなんですか?私もファミリーランド跡のすぐ近所でした~!
閉園の間際に行ったファミリーランドの残像がもう夢の中の記憶でしか
ないのが寂しいですね。幼少の頃からゆりかごのような場所だったのに。
今は、メリーゴーランドだけがその名残を語っています。
あ~、遊園地に行きたくなっったわ。
あ、大きいのがこちらにはありましたね。
東京にいる間は、こちらの事を堪能してまた元気に関西に帰りま~す!

Yururi #- | URL | 2010/04/05 21:38 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://from1to10.blog108.fc2.com/tb.php/62-46da8b47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。