From 1 to 10

そんな私の日々であります。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

*三島の工芸品。 

2012/03/31
Sat. 12:53

これは、春一番じゃないの??
外はすんごい強風なんですけど・・・。

こんな日は、洗濯も何もできたもんじゃない・・・。
それに、オットが急きょ関西に昨夜から出張でいないので、
こんな日はブログの更新に限るよね!!(^-^)


さてさて、パンダ話で少し間のびしちゃいましたが
東北復興イベントでのお買い物、残りいっちゃいますかぁ~♪♪

やまぶどうのストラップ

これはね、福島の三島っていう地方の工芸品で
やまぶどうのツルで作られたストラップ。 

こういうの、北欧の白樺のものを持ってたけど、同じ植物で作られたものでも、
素材や場所が違うと、やはり空気感も折り込まれているのかな
日本の温かいものっていうのが伝わってきます。

このブースでは、かわいらしい おばぁちゃんが 実演でヒロロという植物の葉を使って
縄を編んでいました。

写真もないので、皆さんには解らないので、あえておばあちゃんと
書きましたが、いえいえ、ちゃんと伝統工芸士の資格をもった先生なんですよ。

お話がすごくうまくて、温かい人柄がにじみ出たとても素敵なおばあちゃん。

ここのブースは、 三島の編組み細工 の商品が並んでいます。
アケビや、ヒロロ、ヤマブドウ等の山の素材で作った実用工芸品ですね。

大人の女性に大人気のアケビのツルで編まれたバッグ等、素敵なカゴもいっぱい
並んでいます。

その中で私が魅了されたのは、米とぎザル。

前から気になってた商品を目の前で見ることが出来て感激。
マタタビで綺麗に編まれたそのザルは、美しい道具という風格が、
これでお米を研いだり、茹でたての麺や野菜の湯切りをするのに使ったら
料理の腕が上がるような気がしてならんような魔法が掛けられてる気がして
しばらくその場を離れられませんでした。

米とぎザルで5.6千円は・・・・。
うーん、勇気のいる出費だ。

実は、少し前に、結婚してから米とぎ用に使っていた金ザルが、とうとう壊れて
しまって、処分し、その代替えにちょうどいいサイズのザルを偶然100均で
見つけたので、100円で充分!!と機嫌良く使ってたのですが・・・・。

そのザルは、容姿は私の理想を全てクリアしてたんです。
乾かす時用に引っかけるリングが有る事。
湯切りする時に、シンクにそのまま置けるように、台座が有る事。
洗う時に邪魔になるような金具の柱部分等が無い事。

そんなお気に入りのザルだったのに。
やはり、100円では強度までは期待できなかったようです。
台座の部分が取れてしまいました。

でも、ボウルとの内径もぴったりだったし、米とぎだけなら充分使えるので
まだ使っているのですが、、、これは代替えにすぎないと思っていた所に
このマタタビの米とぎザル。

こんな感じの商品。
マタタビ米とぎざる 5合(丸底)

マタタビ米とぎざる 5合(丸底)
価格:6,090円(税込、送料別)



ヘルメットかってくらい?丈夫だし、上手に使えば一生モノかも。
竹のだと、もう少しお安いみたいなんですけど、検索すると、竹だとササクレが
指にささる事もあるとか・・・。マタタビの方が水分吸うと隙間もなくなって
米もこぼれおちないようで良さそう。

内径を図ってもらったり、取り扱い方等色々聴いたりしたんだけど・・・
ヘタレな私は、どうしても、マンションのキッチンじゃ、カビを生やして
しまいそうな気がして、手軽に手を出せる金額じゃなかった事もあって
もう少し考えますって言って去ってしまったんだよね・・・。

うーん。風の通るステキな台所っていう舞台ができるまでは我慢しましょうか・・・。

その変わりじゃないですけど
先程の工芸士のおばあちゃま。
お土産に、ヒロロを編んでもたせてくれました。

このヒロロの商品、ほんとびっくりするくらい緻密なんですよ。
この植物で、まずヒモを何十メートルも編んで素材を作ってから、
バッグや、小物を作ったりするそうなんですが、まずこの縄をなう行為が
素人ではできない。もう、手の平に接着剤ついてますか?っていうくらい
ヒロロが、その手の平を通過すると、キリリとした細い螺旋状のヒモが
出来上がるんです。

ヒロロ①

切った先の方が編み始めで、まだポヨポヨと繊維が広がっているほうが
編み終わり。この広がっている所に、次のヒロロを足して、長いヒモに
編んでいくんですね。

すごくしっかり編まれているので、編み始めの所をハサミで切って整えても
全然ほどけてこないんですよね。もービックリ。

一緒に行ったお友達は、すっかり食いついちゃって、弟子入りでもするかの
勢いで話が盛り上がっていて、宿題として、ヒロロの束を少し分けてもらって
いましたよ(~_~;)

さて、素人にどこまでできるのかな?

おばあちゃま先生は、これで、ふきんでも干すといいんだよ。って言って
このヒロロのヒモをお土産に下さったのね。

でも、うちのキッチンでこのヒロロに直接ふきんを干す勇気がなかったので・・・。

ヒロロ③
勇気を出して ハサミを入れて・・・。


ふふふ。結局、台ふき干し の ピンチのヒモにしました。(~_~;)
ヒロロ②

思い出の品って事でね・・・・。

また、あのおばあちゃん先生に会いに、三島のイベントに行ってみたいなぁ。


手前は、干してる最中の100均の金ザルですよ。
どこまで仕事を全うできるかな・・・できれば国産のに買い変えたいなぁ。



今日も、お立ち寄りくださって、ありがとう。
  
いつも、温かい拍手ありがとうございます。励みになります。m(__)m
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://from1to10.blog108.fc2.com/tb.php/515-8b513bad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。