From 1 to 10

そんな私の日々であります。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

*冷蔵庫ポケットの整理。 

2011/10/11
Tue. 15:17

冷蔵庫の中に入れる液体調味料で悩んでいます。
どこまで、常温でどこから冷蔵保存なのか・・・。

もちろん、買った調味料のラベルに開封後は冷蔵庫にって書いてあるので
そのとおりにすればいいのですが、従っていると冷蔵庫ポケットに全部を
納める事ができなくなるんですよね。
お醤油とか、皆さん、1リットルのものを買うのがほとんどだと思うの
ですが、開封後は、どこに保管しているのでしょうか・・・?

今まで、調味料として使っている赤・白ワイン、めんつゆは、ある入れ物に
詰め替えて使っていました。
ガラス瓶で劣化もしないし、使い勝手が良かったので、長くそれを使っていた
のですが、、少し気分を替えてみようとチャレンジしてました。

それに使ったのがコレ。

この夏に販売されていた、
コカ・コーラの創立125周年ヘリテージボトルです。
コカコーラ125周年瓶
どうってことない瓶に見えますが、一応コカコーラのロゴがエンボスで入ってるんですよ。
創立当時に販売されたハッチソンボトルの復刻盤だそうです。
もちろん、当時のキャップはこんなスクリューキャップじゃないですけどね(^_^;)

コカ・コーラは、たまに記念ボトルや、デザイン缶のコーラを販売していて
それが、コレクターにとってはたまらない商品なんですね。
日本だけに限らず、本家アメリカの記念ボトル等もあって、真剣に集め出すと
奥深い、えらい事になります。
うちのオットがそのコーラコレクターのハシクレなので、ハワイ等に行った時は
現地のフリマで真剣に空き瓶選んでいましたから・・・(-_-;)
一時は家中コーラグッズで大変でしたが、今は、記念瓶だけに絞ってもらってます。
だって、コーラものって、数限りなくって、家中真っ赤になっちゃうんですよ。
ちょっと、行きすぎた時期は、昔の王冠をぽこっと外して飲む瓶用の自販機まで
入手してましたから・・・。木のベンチも入手しようとしてましたが、さすがに
断念したようです。(^_^;)
今では静かになりましたが、熱をを冷ましてもらうのに、大変でした。

世の中、もっと詳しいコレクターの方はゴマンといらっしゃるので、私はこれ以上
詳しくは紹介できませんが、
なんと、そのコレクターに叱られそうな使い方をしちゃってます。ワタシ。

コカコーラ125周年瓶②

狭い家には空き瓶飾る場所なんてないんですよ~。
なので、実質的に、使いながら楽しむって方法で堪能することにしたのです。
それが、先程の液体調味料の保存。

ちゃんと、オット用に未開封のままのコレクション用のボトルも確保してますよ。
これは、どこかにしまってもらいましょう。

瓶のさきっちょについているのはコレです。

クリックキャップ これ、ボトルの先っちょに差し込む
 だけで、片手で扱えるので便利。

 正直、タイトル程のぱちっと締まる
 感じは無いですが、
 臭いを気にしない、良く使うものに
 対してだったら まぁいいかも。

 今まで、数種のポアラーを使って
 いたので、楽天のお買い物マラソ
 ンの時に買い揃えました。


 
冷蔵庫内
う~~~~ん。
コーラ瓶の見てくれは
好みなんですが、
ドアポケットにはサイズが
細くて、詰まってないと
倒れそうな所がたまにキズ。

前から見ると解らないけど、
裏側に2センチほど隙間が
あってもったいない気もする。

この時は、ダシを一番左に
入れてますが、今は調理用に
カウンターの上に置いていた
醤油を入れました。

実家でもそうだったし、今まで
ずっとお醤油は常温で置いてた
のですが、開封後は要冷蔵だった
のですね。最近知りました。


調理の度に、冷蔵庫からお醤油出すの~!?
ってすごく手間に感じてるんですけど、
(まぁ、他の調味料も、そうなんだけど・・慣れの問題?)
詰め替えたものは、まだいいとして、残った醤油ボトルを
一応野菜室に入れたけど、皆さんどうしているの~??

みりんは、アルコール分の多い発酵調味料は冷蔵庫に入れなくていいけど
甘味料タイプのものは冷蔵庫保存だそうです。

以前は、イギリスのミネラル水、ティ・ナントのブルーボトルに入れていました。
このボトルは丁度ドアポケットに治まりがよくて、使いやすかったのです。
10年近く頑張ってくれてご苦労様。って思ったのですが、
なにやら、青いガラス瓶に水を入れて太陽にあてて飲むと体にいいとかいう
 「ブルーソーラーウォーター」 というのが有るらしいのですよ。
検索すれば、すんごい出てくる!話題の青いボトルだったのですね~。
なんだか、まだ使えるモノを捨てるのは惜しい!いっちょチャレンジしてみたいと
思います!o(^-^)o

ピンクのキャップは100均のコックで閉めるタイプのキャップです。
色が残念なんですよね(^_^;)
ティナント
そして、この左下に写っているのがバーカウンター等でお酒のボトルの先に
つけるポアラーってやつなんですが、このタイプのは、管の中に玉が入って
いて、ボトルを傾けると適量出た所で、玉がストッパーになって止まります。
すごく便利で全部これに変えたいんですけど、いいお値段。(^_^;)

ひとつは、使用時に液だれでべたつきやすい、ブラックティーのボトルにつけてます。
こうすると、垂れないので、ベタベタしなくて凄く使いやすい!
シロップ系のボトルに使うのはオススメです。
買い替えで1個浮いたので、冬用に、養命酒のボトルにつけようかな?(^_^;)

↓これは、一般的なポアラーのキャップ付きタイプ。
金属部分が真鍮でできています。
日本では製造されていないのか、ほとんど外国製なんですよね。

洋酒の瓶はデザインが良いもの等はこういった詰替え用を考えた上で購入して
利用したりしています。
バカルディのミディアムボトル。出番待ち(^_^;)
ポアラー

見栄えのいいボトルも沢山、出回っているので、お金をかければ一気に
揃うけれど、何かの容器や空き瓶を使うのが好きなので、
それが、ぱちっと思う所にハマればこの上ない幸せ
まぁ、今回はサイズの問題があったので、100%満足ではなかったですが
試行錯誤の期間中はなかなか楽しめました。

次は、どこを改良しようかな~





お立ち寄りになられた印にぽちって頂けると、励みになります!
   わぁい♪ヽ(▽ ̄ )ノ/(_△_)ヽ(  ̄▽)ノわぁい♪

拍手も大歓迎!明日のブログの活力ですρ(・д・*)コレコレ

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

コメント

no subject

こんにちはー。
わぁ~。Yururiサン ちゃんと詰め替えてるなんて ステキー☆
うちの冷蔵庫とは 大違いだわ~。
醤油。そうなんですよね。冷蔵保存がいいみたいですね。でも 常温保管な我が家です(笑)一度 入れたことがあるんだけど 気がついたら 元の位置に入ってました。誰が戻したんだろう~(爆)
クセって恐ろしいです( ´,_ゝ`) プッ

あるブロガーさんが お水の入っていたペットボトルを利用してました。柔らかいタイプじゃないヤツです。(この場合は 口を付けずに飲んだペットボトルがいいと書かれてましたが)
ラベルをはずしてあるので シンプルで すっきりみえて ステキでしたよん。
汚れてきたら 手軽に換えられるのも 魅力的~。使い勝手は 垂れちゃうことがあるので 使ったら ペーパーで拭き取ったほうがいいようですが いいなーと思いつつ 未だ実行してないんですけどね(笑)

でも 『ガラス瓶』という存在も やっぱりステキですねー☆
ペットの軽さとはちがった質感~。重みがあるっていうか。

>何かの容器や空き瓶を使うのが好きなので、
それが、ぱちっと思う所にハマればこの上ない幸せ
・・・ 私もそういうの 好物です(*´∀`*)

Mckee #- | URL | 2011/10/12 05:37 * edit *

Mckeeさんへ

お返事遅くなって、ごめんねごめんね~(^_^;)
うわ~、やっとパソコンでチェックできるぅ~♪
携帯で見る画面よりも断然理解度が高くなりますわよね~。
帰省時はi-Pad欲しくなるんだよね~。(^_^;)

> わぁ~。Yururiサン ちゃんと詰め替えてるなんて ステキー☆
> うちの冷蔵庫とは 大違いだわ~。

いや~。なんとか撮影できるところしか出していないから、そんな
ステキ冷蔵庫ではないんですわよ、奥サマ。(^_^;)

> 醤油。そうなんですよね。冷蔵保存がいいみたいですね。でも 常温保管な我が家です(笑)一度 入れたことがあるんだけど 気がついたら 元の位置に入ってました。誰が戻したんだろう~(爆)
> クセって恐ろしいです( ´,_ゝ`) プッ

そうだよね、昔はどの家も常温保存だったはず。きっと今でもかなりの確率で・・・。
なんとな~く、頭の端っこでは気にしつつ、死にはしないだろうと常温でいってたんですが
この夏に初めて使ってみた、ダシの良さそうなめんつゆ。入れ替えてた小瓶のほうは冷蔵庫
に入れてたんですけど、残りの大ボトルをキッチンのカウンター下にしまってたら
次に使う時に、白いカビ~みたいなのが浮いていたんですよ~。(-_-;)
詰替え時に開けるだけなのに~って思って、カビか何か分からなかったんだけど、捨てちゃった。
それから、ちょっと要冷蔵かどうか気にしてるんですよね~。
野菜室がボトルでいっぱいになっちゃう・・・。

> あるブロガーさんが お水の入っていたペットボトルを利用してました。柔らかいタイプじゃないヤツです。(この場合は 口を付けずに飲んだペットボトルがいいと書かれてましたが)
> ラベルをはずしてあるので シンプルで すっきりみえて ステキでしたよん。
> 汚れてきたら 手軽に換えられるのも 魅力的~。使い勝手は 垂れちゃうことがあるので 使ったら ペーパーで拭き取ったほうがいいようですが いいなーと思いつつ 未だ実行してないんですけどね(笑)

そうか!本体もサイズを小さくして詰めかえればいいんですよね。
水ボトル。なるほどです!
雑菌がいかに入らないようにするかが、課題ですわよね。
是非、参考にさせていただきます!!

> でも 『ガラス瓶』という存在も やっぱりステキですねー☆
> ペットの軽さとはちがった質感~。重みがあるっていうか。

ガラス瓶、スキなんですよ~。
お酒の瓶とかは結構男前なのもあったりして惹かれます。
ジャム瓶もね~。
まだチャレンジしたことはないんですけど、瓶の首をカットして
グラスや花瓶等にするやつ、やってみたいんですよね~。
グラインダー欲しいなぁ。

> >何かの容器や空き瓶を使うのが好きなので、
> それが、ぱちっと思う所にハマればこの上ない幸せ
> ・・・ 私もそういうの 好物です(*´∀`*)

ポッ(*^_^*) ツボが同じ方にワタクシ益々ハマりそうですぅ~。
コメント、どうもありがとうございました~♪

Yururi #- | URL | 2011/10/21 12:36 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://from1to10.blog108.fc2.com/tb.php/425-9bc31763
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。