FC2ブログ

From 1 to 10

そんな私の日々であります。

*カン違いの茶筒。 

2011/01/27
Thu. 20:33

うちで愛用している茶筒。

茶筒?

紅茶や中国茶はジャムの空き瓶を使用していますが、日本茶はこの銀色のを使用。

そもそも。

昔使用していた茶筒はお茶のギフトセットの中に入っていた千代紙を貼ったような
よくある民芸調のもの。
まぁ、それはそれで悪くはなかったんですが、かなり前に 開化堂 の茶筒の事を知り
その茶筒の蓋が、空気を抜きながら勝手にきっちりと締まる様子の動画を見た時には
興奮と感動を覚えました。
中の茶葉が酸化しないように外蓋が沈む様はまさしく職人の技。

(当時見た動画が見つかりません。
 ユーチューブで他の開化堂茶筒の動画を見つけました↓)



それに、使いこむ程に味のでる様子も、手の油でなでるように優しく包みこむ事で
成されると言うのだから、何か育てていく事ができる道具っていいなと思ったのです。

数年前の事でしたが、どこで見て購入できるのかも うろ覚えの中
お茶の一保堂さんと開化堂さんの茶筒のコラボ商品があることを、どなたかのブログで
知り、ある年末に出かけた心斎橋の百貨店で一保堂さんの売り場を覗いてみました。

それらしい商品は見つからず、(もしかして、この売り場の茶缶全部が開化堂のもの
なのかな???)と、素晴しいカン違いをおこしたまま、年末だったこともあり、新年用の
お茶を、普段は買わない金額をはたいて買ったのです。

帰ってから缶を見ても、どこにも開化堂のマークもなければ記述もない。
よ~く調べると、そもそもコラボ商品は百貨店等では取り扱いは無く、金額もその日のお茶の
何倍もする、すんばらしい額でしたので、あったとしても即決で買っていたかは解りません。

で、ガックシだったんですが、一保堂のレトロなラベルを外してみると、シンプルな
スチール缶で悪くない。 うん。
裏には。。。

一保堂の茶缶

「一保堂詰」の刻印。 なんか、かっこいいじゃん。
それ以来数年、ずっと この一保堂君に色んな日本茶を保存してもらいながら
茶棚に居座ってもらってます。
(開化堂と一保堂のコラボ商品は一保堂のオンラインショップか京都本店で購入できます)



その後。アンジェで出会った右の茶缶。
シルバーの色合いがとても優しくて、初めは銀製品なのかと思った程。
ヘアライン仕上げの白く優しい光沢がとても気に入り、うちにお迎えしました。

こちらは 「SyuRo」の茶缶です。
SyuRo は 浅草にある素敵素朴な雑貨店らしい。 (HPも素敵。)
こんな素敵な商品を企画されるお店だから、ぜひ覗いてみたい。
浅草に行く理由がまたひとつできました。

SyuRo

裏は鏡のよう。天井のスポットライト写り込んでるし・・・。

去年、秋に伺った銀座の手づくり直売所でも開化堂さん、お見受けしたのですが・・・
恐れ多くって、茶筒はまだ一向にうちにくる様子ありません。
いまはこの二つが気分なのでしばらくこのコンビで行こうかな。

で・も・・・。年末にORIERIOさんが紹介されていた柳桜園茶舗の鳥獣戯画
のかりがねほうじ茶
。すご~く気になってるんだよね・・・。

物欲がまたふつふつとつぶやいていますよ。どうどう・・・・。

SyuRo0900004丸缶(小)
私の買ったのは、これ。
SyuRoオリジナルの真鍮缶です。茶筒としては、もちろん、小物入れにも。 京都 開化堂 にも引け...
いつかは真鍮。    お手頃価格の真鍮だと嬉しい。
伊藤柳櫻園茶舗ほうじ茶 鳥獣戯画缶 金・香悦セット(箱入)
うーん、そそられるぅ。ネットでぽちりか、京都まで買いに行くか・・・。


お立ち寄りになられた印にぽちって頂けると、励みになります!

拍手も大歓迎!明日のブログの活力です(*^_^*)
スポンサーサイト



[edit]

CM: 6
TB: 0

page top

2011-01