From 1 to 10

そんな私の日々であります。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

*ただいま! 

2010/06/01
Tue. 18:49

ただいま~!!って1週間、宝塚まで帰ってきました。

引っ越したのが3月なので丸2カ月ぶりなのですが、たった2カ月でも少しづつ

宝塚の風景も変わっていて建設中だったマンションにはもうすでに住人がいたり、

田んぼだった土地が埋め立てられていたり、久々に使った駅近隣の変化は驚きの

連続。あれだけ私たちが土地、不動産物件探しをしていた間には動いていなかった

土地がこの春はかなり動き出したようです。これもタイミングですよね。

さてさて、今回の帰省のミッションとは・・・。

実は、今まで登場していませんでしたが、うちにはオット以外の家族で

緑の子と黄色の子がいまして。。。

世間では、このこ達の名前を「コザクラインコ」と呼びます。

コザクラ1 ← こんなこです。ちなみに父鳥になります。

このコ達を引っ越し時には運べなかったので、実家に預け、今回引き取りにきたと

言う訳です。

飼って10年になりますが、このコザクラインコはラブバードと言われる由来があり、

パートナーになった相手にはべったりさんなんです。

飼いだした時は手にも乗りましたし、触らせてもくれたのでかなり懐いていたと思います。

でも、2.3年もたつと発情してきて可哀そうだったのでお相手を迎えたのがたまたまメスで

(鳥は幼鳥時には雄雌の区別がつかないのです)数年後にはすっかりペアになったので

その後は人間には全く素知らぬふり。自分たちのテリトリーに手が侵入するものなら

血を見るありさまです。

しばらくは母鳥が若い事もあり巣引きさせないようにしていましたが、私が仕事を辞めた

タイミングで巣引きさせてみたら、見事に卵をかえし、日々観察した感動は忘れられません。

父鳥の熱心な育児ぶりにも驚きました。

抱卵時にも交代で卵を抱き、父鳥のほうがお腹の羽毛が抜けおち、地肌で直接体温を伝え

卵を温めていたので母性本能の強い父鳥だなぁと関心しました。

計、2回巣引きさせて生まれた子たちは無事に里子に出し、その中で他の子たちと違う容姿

の子をウチに残しました。

親鳥が2羽とも緑色のノーマル種だったので、違う種の子が生まれるなんて予想もせず、

初めは他の子達と違う容姿に驚きました。目が開く前の皮膚の下に透ける目は黒目に対し

うちの子は黒くなく透明?と思ったら日に日に赤く。。。目が開いてもやはり赤でした。

生えてくる羽毛も最初は白かったので、アルビノかと思いましたが、結局はルチノーでした。

(コザクラの品種は多く、私は不勉強で遺伝の知識は全くありませんが、染色体の遺伝の
関係でそういう因子を持った掛け合わせになると濃い色素がでないルチノー種という種類
になるそうです。黄色までもが抜けて白い個体になるとアルビノ種というようです。
ホワイトタイガーとか、白いヘビや蛙等がたまに話題になりますよね)

で、合計3羽の家族を前回の東京転勤時にも成田経由で

⇒千葉の家⇒宝塚の家まで2回運びました。飛行機乗りまくりの贅沢インコです。

残念ながら母鳥は、宝塚に帰ってきてしばらくするとになってしまいました。

卵を産み過ぎてエネルギー切れだったのかもしれません・・・。

で、今回のミッションはこの親子鳥を羽田経由での輸送をする事でした。

長くなりましたので、次回につづきます・・・。

おかえり~!と応援して頂ける方は立ち寄りになられた印にぽちって頂けると、励みになります!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

*Parakeet airlift operation 

2010/06/02
Wed. 02:01

インコ空輸大作戦。

1、老鳥の体力を考えて時間は短時間で⇒飛行機

2、泣き声が甲高く大きいので電車での移動は困難。⇒飛行機

3、ETC割引を使って自家用車で運ぶ(経費削減)→東京~大阪間往復をひとりで運転
  する自身がない⇒飛行機

 という事で、前回も今回も飛行機での空輸となりました。

 2の理由から、飛行場までの移動も電車やバスを使うのが困難なのでタクシーでの

 移動になりますので結構出費。

 自宅への移動は飛行場までオットに車で迎えにきてもらいます。

 ざっと、こういう感じですが、引っ越しで動物を運ぶのはとても困難です。

 引越し屋さんは基本、ペットは運んでくれないので自力で運ぶしかありません。

 犬・猫を飼っておられる方も多いのできっと皆さん自家用車等で運ばれていると

 思います。引越しの間、預かってもらえる所がある場合は良いですが、無い場合は

 引越し当日、荷物を引越しトラックに積み込む作業が終了後に、自分達も夜通しかけて

 自家用車等で移動し、翌朝~昼に引越し先に到着後に今度は荷受けの準備をして

 引っ越し作業に突入しなければなりませんので、運転手(大人)は寝る暇もなく

 ホントに大変だと思います。

 コザクラインコ2 実家で紙を噛みちぎる作業に勤しむ父鳥。

(あ、父鳥はストレスで毛引き症になった時に尾羽を自ら抜いてしまい、そこから尾羽が生え
てこない為、セミのような体型をしています。

さて、この移動時に使った小道具をご紹介。

鳥かごのまま運ぶのは大きくて扱いが困難な為、コンパクトにします。

ペットショップに行けば病院等に通う時に使う小型の鳥かごが売っていますが

うちではヒナを孵した時から使用しているカブトムシ等を飼育するプラスチックの

ケースを使用。(↓こんな系統のです)

この中に、柔らかさと、吸水性に優れた新聞紙を敷き、(インクが気になる方はその上に白い紙を手で切り裂いて敷くといいかもしれません。)

餌箱と我が家で鳥の寝床で使用している2Lペットボトルを合うサイズに工作して入れます。

日頃から狭いペットボトルの中がお気に入りなので、移動時にも広い空間を転げまわることも

なく安全だと思います。

これを、移動時には周りの景色で目が回らないように暗めの袋に入れて静かに移動します。

飛行機の手続きは、人間の分だけ事前に予約しておけばOK。

あとは当日、ペットを手荷物預け入れカウンターで手続きして預けます。

預け入れるペットの大きさに合ったゲージに入れるのですが、基本、ワンちゃんなどの

ゲージでオリのある持ち運びコンテナのような形状なので、小動物の場合はすり抜けて

しまうので持ち込みのケージ(カゴ)のまま一番小さい規格のコンテナに入れます。

隙間は係員の方がダンボール等で埋めてくれるので動くことはないと思います。

いつもと状況が違うので、他の動物がいる状況に慣れていないコの場合は周りを

いつも使っているようなタオルで覆うといいかもしれません。

その後は、同意書にサイン。

機内でペットが死亡した場合も異議を申し立てないという内容です。

実際、空気や温度は大丈夫だとしても、人間でも飛行機が苦手な方がいるように

体の小さなペットにはかなりのストレスだと思います。

気圧の問題もあります。人間は自然に耳抜きができますが、ペットは大丈夫

なんでしょうか・・?

他にも、ANAでは実際に夏季のブルドック等の短毛犬種の同乗はできないとの

事で(暑さに弱いから??)制限があるペットもあるのでよく調べたほうが

良いと思います。

そのあとはお会計。ANAではサイズに関係なく一律5,000円でした。(一部区間は3,000円)

30分前には預け入れ完了しておかなければいけないので、焦らないように

早めに飛行場に到着して、水分のあるエサや水は入れられませんので、

事前に餌や水分の補給などを済ませて、ペットにも落ち着いた態度で

手続きしたほうがよいでしょう。

ANAペット ANAペット2
ANAのペットケージの入口のほうが小さくて       よろしくお願いしま~す! 
プラカゴが入れられなかったので、ペットケージ
の上部をネジをはずして開けてもらい、設置。

これにのりま~す! 大阪は快晴!

1時間でびゅ~ん

羽田到着! 東京は曇天・・・。さむっ
どれどれ・・・??
1 ohoto bag

2
 大好きな紙カジカジもやってたみたいですが、二羽でひっそりと息をひそめて。

3 
車に乗り込んでやっと、明るい場所に。。。

4 5
レインボーブリッジ!                    東京タワー!!

6
新しいカゴも気に入ってくれて、一時、体調を崩し移送で命を落とさないか

心配した父鳥も、なんとか元気に復活!やれやれのミッションが終了です。

お立ち寄りになられた印にぽちって頂けると、励みになります!

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

*実家のおさがり。 

2010/06/03
Thu. 23:46

関西滞在中に行こうと思ったり、会おうと思う人たちがいっぱいいたのに

しょっぱなの月曜日には、警報が出るほどの大雨。

お友達とのランチの約束も、176号線が途中で封鎖されていて会えずで残念・・・。

家からも一歩も出ずで実家の家事手伝いで終わり、ようやく晴れた火曜日には

近所のダイソーで整理グッズを買い込み実家のキッチンを使いやすいように

メンテナンス。歳をとると、高い所に目も手も行かなくなるんだなぁと実感。

モノの配置とか死蔵品の整理もついでにしちゃいました。

(ヒトの家では整理魂がムズムズするんだ・・・・。)

昔から実家にある無水鍋をいつか欲しいと予約。

実家では焼きイモの時しかつかっていないらしい。モッタイナイ。

料理研究家の有元葉子さんが無水鍋の紹介をされているのを見て、あれ?

これって実家にあったよね・・・?っと思って気にしてたんです。

無水鍋って無限に便利そう。

有元葉子の無水鍋料理

有元葉子の無水鍋料理

価格:1,575円(税込、送料別)



水なしで素材の水分だけで蒸しものをしたりできるし、ごはんを炊いたり、

揚げる、煮る、炒めるにケーキやパンまで焼けるらしい。

今、ウチには、ルクやらマーブルやらと鍋類が使いきれてない程あるので

無水鍋を購入する気も、スペースもないのだけど、いつかは手に入れたい

と思ってるお品なのです。

たいしたモノがないと思ってる実家ですが、たまに行くと、自分の目が成長

した(歳取った?)せいもあるのか、昔はだっさ~っと思ってたモノが

なかなか良いのでは??と思ったりするものがあったりする。

でも、ほとんどがダメだしするようなモノが多いんだけどね。

以前に「これ、ちょ~だ~い」といただいてきたモノ。

実家で長らく(30年以上・・・)使っていたホーローのバットです。

お下がりのホーローバット。


自分でもバットはいくつか持っているのですが、この東欧ちっくな柄に

惹かれて、奪ってきました。

確か、伯父の結婚式の引き出物で、いろんな使い方ができると聞き、

このバットを直火ですき焼きをして食べた記憶があります。

小学生ながらに、(その使い方あってるん??)って感じてたんですが、

のちに、野田琺瑯の社長の奥様が直火で調理もできると便利さを説いていたのを

見て、「まちがってなかったんや~」と思いました。

確か、入れ子になってたので、またいつか実家から頂けるのを待つ次第です。。。

お立ち寄りになられた印にぽちって頂けると、励みになります!

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2010-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。