From 1 to 10

そんな私の日々であります。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

*アンゴラクッションカバー。 

2015/03/26
Thu. 23:26

お気に入りで よく着ていた無印のアンゴラ入りのカーディガン。

首の所がほつけてきて、もう限界。


これに気付いたのは、シーズン初めの事だったんだけど、
捨てようかな、どうしようかなと、置き場所がない状態だったのを
意を決して、やっと手を下しました。



えぇ。 捨てられない人、 私。(´ε`;)



だって、さすがアンゴラ入りなので手触りが良かったんだもん。


    



なので、胴体部分をそのまま使ってクッションカバーに仕立ててみました。

アンゴラのクッションカバー


最初はチャックをつけようかと思ってたけど、丁度中央だし、感触が損なわれるかな
と思って、簡単にダイソーさんのトーションレースをボタンを外した身立て部分に
ミシンで縫いつけただけ。


なので、ふだんは重なってるので見えませんが、良いように考えて、簡単に開く
ので着脱にも便利と思う事にしました。


うちにはソファーがないので、撮影は食卓椅子で(^_^;)


この冬のゴロゴロマストアイテムでした。




グレーのカーディガンが無くなったので、欲しいなぁと思ってたのですが、
なんだか、ドキリとする本のタイトルが目に入ってきました。



うん、言いたい事は分かってるんですよ。(´ε`;)



なので、本を読む事よりも 服を処分する事に時間を費やしたいと思っております。




( 黒のカーディガン、何枚持ってるんだ?? (-_-) グレーのはまだ買えないなぁ。。。 )


スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

*レッドシダーチップ袋。 

2015/02/22
Sun. 00:46

久々に、ミシンで巾着袋を増産。

きんちゃく袋

私が小学生の時に母が買ったポータブルミシンを使わせてもらう
許可を得たのが嬉しくって、初めてせっせと作ったのが巾着袋だったなぁ。
ミシンさえあれば何でも作れるっていう魔法を使えるような気分になって
無駄にミシンを触っていました。(*^。^*)

習っていたそろばんのケースも巾着袋で作り直したり、
買ってきた生地を余らす事なくいろんなサイズの巾着袋を作りまくった
のが私の初めてのソーイング体験でした。
(10円玉を入れるような小さい袋も作ってたっけ。。。(^_^;))

今回は、薄くて白いメッシュ生地での巾着。
ヒモは、紙袋の持ち手等のリサイクル品。 (^_^;)


-- 続きを読む --

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

*セリアの四つ切黒画用紙で。 

2015/01/31
Sat. 00:10

本当は、去年のうちに用意しておくべきものだったのだけど…。
お正月を過ぎたあたりで、やっとこさ始めた手仕事がこれだっ。

ジャジャッ。

2015calendar①

はい、紙を並べて何してるんでしょね。 Yururiさん。('◇')?


カレンダー見ながら何をしようとしていたかというと。

今年の壁掛けカレンダー、思うようなのに出会えなくって、
まだ買ってなかったの。

同じ部屋の中に既に、実用的に使える毎年定例のダイソーのクラフトカレンダー(月毎)
を準備済でしたが、もう一カ所に空間を埋める為のモノが必要だったの。

大枚はたいてもこれならいいや!って
思えるモノに出会えなかったので、作ってみる事にしたんです。

書き込みできる月毎カレンダーはあるので、どうせなら、年間にしてみよっ♪とね。

準備したのは、セリアで買った黒い四つ切の画用紙。
このサイズはダイソーにはないので貴重です。

因みに、サイズ感を調べますと・・・。
画用紙四つ切  380×540(mm)
A2   420×594(mm)
A3   297×420(mm)
A4   210×297(mm)

A2とA3の間って感じかな?
理想は100均でポスターサイズのA2の黒画用紙が買えればいいんですけどねー。(*^_^*)


黒にしようと思ったのは、一昨年まで黒カレンダーを使っていて、この空間には
白やベージュよりも黒のほうが合うなと思ったから。

しかし、黒い紙にプリンター印刷はできない・・・・。
こりゃぁ、やるしかないよね。 手書きでさ。

白いマジックも用意したんだけど、色々試し書きしてみた結果、
黒板にチョーク書きしたようなイメージを狙いたかったので、それに近かったのが
三菱鉛筆の ” DERMATOGRAPH ” (ダーマトグラフ)という白色鉛筆。
2015calendar④
このダーマトグラフは油性の紙巻き色鉛筆で、なんと、紙以外にも
ガラスや金属、プラスチックにも書く事ができるそうです。
(しかし、試してみた所、白はあまり書けますねというレベルの色づき
しませんでした。(^_^;) )

でも、この紙巻きの鉛筆って、短くなった芯を出す時に糸を引きながら
紙をペリペリ剥く様子が楽しくて仕方ありません。

道具は、こうでなくちゃと思いますね。

そして、作業をする前に、カレンダーを表現する為には日曜日を赤で書くという
方法に頭を痛めました。

ダーマトグラフの赤を買えれば良かったのですが、私が買ったのはホームセンターで
白だけの単色売りだったので、黒紙に何で日曜を表現するか年末までモンモンと。

でも、神様は家にいらっしゃいました。(人´3`*)

たまたま裁縫道具を使っていた時に、箱の中に下書き用のチャコペンシルが見えて、
「アァツ!! これはっ!! Σヽ(;▽;)ノ 」 ってね。

大袈裟ですが、ホント、このチャコペン、良い感じに黒画用紙に色が乗るんですよ。
正確には、ピンク色なので、遠目にはハッキリしない色に見えますが、
本当に、日付を追う時には、見える距離まで近づきますから、充分認識できます。
そして、もちろん、白のチャコペンも同じように使えるので、初めから分かっていたら
ダーマトグラフは買わなくても良かったっていう話。(^_^;)

ま。色々試してみて分かるって事やね。


そして、黒紙のネックは下書きができないって事。
なので、バランスだけ掴む為に、全体の大きさから、ひと月のスペースを割り出し、
その大きさの紙を並べて、その枠内にフリーハンドで書くという暴挙に挑戦。(^_^;)

マスキングテープでね、枠をマーキングしてるでしょ。 ローテクにね。

でも、完成してみると、やはり黒画用紙にして良かったなと全体的な引きの画で確認。

まぁ、初めてにしてはなかなかええんちゃうの?? (^_^;)


近くで見るとこんな感じ。 

かなり、歪んでますが・・・・。 これは、ある意味狙ってるという事で。( ̄ロ ̄)ゞ
2015calendar③
うーん、A2 サイズなら もうちと余白作ってビビリ線で枠とか書けたかもねー。

それに。 1月は、ちょっと緊張してて、筆圧が弱かったので色が薄かったです。はい。

カレンダーの意匠として、TOPには、西暦はもちろん必要ですが、
案外、市販のかっこいいカレンダーには和暦表記がないので、ここは自己流の良さで
さりげな~く入れてみました。

いつも今が平成何年なのか分からなくなる私には、提出書類を書く時等にかなり助かってます。


来年用に、時間がある時にテンプレートを作っておこうかなー。




文房具屋さん大好き~! 
itoyaみたいな大きな文房具屋さん、近くにあったらいいのになぁ。
(*´З`*)

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。